やっぱり”黒”が好き


CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
 ふと考えてみるとオーディオ専門店DOLPHINは今年の春で12年経ちました。

そして店舗をもってのOPENは7月27日(微妙に違っていたらすみません)で12周年を迎えると思います。

今まで支えていただいたお客さま方本当にありがとうございます。

支えていただいたお客様には心から感謝し、その感謝の心を今後の製品提案や、製品開発につなげ、「DOLPHINユーザー」と言う事に誇りを持っていただけるよう頑張って行きたいと思っております。

今後ともよろしくお願いします。


そんな中で私自身今までのDOLPHINを総括してみました。

何を総括したかというなら、私の中で

「宇都宮⇒町田への移転は正しかったか正しくなかったか」

です。

今の自分はものすごくポジティブ思考でどんなに失敗しても

「この失敗は神が自分を次のステップに進むために与えてくれた何か一つの課題。」

と素直に受け取れ、失敗を後悔することはなく、「なぜ失敗したか」を総括し次に進むチャンスととらえています。

ですからもし神が「タイムマシーンをあげる」と与えてくれても、今のところ人生をやり直したいと思った事はありません。

強いてやり直したいと思うなら「昨日は〜じゃなくて〜食べればよかった。」くらいで。

ですから

「宇都宮⇒町田への移転は正しかったか正しくなかったか」

を総括するのは、やり直したいかそうでないかではなく、そこから何を学べるかです。

人間死ぬまで勉強です。

すべての現実を率直に受け入れ、そこから学ばなくてはいけません。


この問題をどのように自分は解き、総括したか?

それは価値観の異なる二つの視点からになります。

一つは経営者としての視点

もう一つは技術者としての視点

です。

そもそも宇都宮時代は自分は技術者と言えるレベルの人間ではありませんでした。

ちょっと技術をかじった、「機械もそこそこ改造できるよ」レベルの自称技術者でした。

ですから、もし自分があのまま宇都宮に居たなら技術者としての視点は存在しなかったと思います。


総括結果ですが

経営者視点で見るとDOLPHIN町田移転は大失敗。

これを失敗と言わずして何を失敗と言うかくらいの大失敗でしょう。

自惚れた人間が引き起こした人生最大の大転落と言ってもいいでしょう。

そもそもなぜに町田に移転したか?

簡単に言うなら宇都宮で大成功したから、町田ではもっと大きな成功があるだろうと大勘違いしたのでしょう。

「売り上げの7割は県外のお客様でのネット販売。地元のお客様が店に足を運んでいただいての売り上げは3割程度。ならこの7割は他の地域に行っても維持される。東京に店を出そうものなら店に足を運んでいただいて購入していただくお客様の数も増え、売り上げはさらに伸びるだろう。」

な〜んて勘違いをしてしまったわけです。

厳しく言うなら育ち始めた地元の3割のお客様を捨てて町田に行ったわけです。

3割なんて言いますが、3割は実はものすごく大きな金額でした。

それを過小評価し町田に移転してしまったわけですからそりゃあ罰があたります。

東京なんてオーディオ専門店なんて何百店もある。

そんなところへ「いざ出陣」なんて宇都宮のショップが行ったところで「何それ?」です。

結果としてネット販売の売り上げは変わりませんでしたが、店に足を運び購入していただいた新規のお客様の売り上げは30%⇒1%ぐらいかな?

もしあのまま宇都宮に居たら30%のお客様が40%⇒50%と育ち、おそらくとてつもないオーディオショップDOLPHINが出来上がった事と思います。

宇都宮時代、自分は苦労を知らずに成功しました。

それは地元のAさんやOさんやOさんやNさんやTさんやMさんやMさやFさんや・・・・

今考えてみるととんでもない人数のお客様がわいてきます。

そのようなお客様が支えてくれたおかげで成功したわけです。

改めて言いますが、その様な彼らを捨てたわけです。

この大失敗は当然の報いと考えます。

地方で頑張られてるショップの方々、絶対に感違いはいけません。

ネット社会と言っても、今あなたたちを頼りにしてるお客様が多数いるのです。


さてもう一つの視点、技術者としての視点ですが

これに関しては、これを成功と言わずして何を成功と言うくらいの大成功です。

「自称技術者」だった自分を今は間違いなく技術者として育ててくれたわけですから。

町田に来た事で半導体畑のMさんと知り合い、そこからKさんHさんWさんKさんWさんOさんTさん・・・・

出会ったエンジニアや経営者の数はとんでもない数に上ります。

彼らに学び、また自分で考え、今の自分は「これを世間に発表したらパニックを起こすぞ」という特許レベルの技術をもち合わせる技術者にも成長できたと思っています。

これはお客様にとってはものすごく大きな話です。

「奈良岡は凄い」なんて思い宇都宮時代から今現在までお付き合いいただいてるお客さま方、

今のあなた方の出す音は宇都宮時代の自分が逆立ちしても出せないものです。

もう完全にあなた方は宇都宮時代の自分を軽く追い越しています。

いや2年前の自分すら超えてると思います。

自分自身が成長しお客様に優れた製品を提供する中で、お客様のオーディオ的音楽的スキルは上昇し、数年前あなた方にアドバイスしていた自分のレベルを今は超えてしまっているのです。

具体的に言うなら、宇都宮時代の自分はLAT-1を再生する際にはマークレビンソンNO.32L+GOLDMUND29.4MEレベルのアンプは最低必要としていました。

ここまで揃えないと奈良岡らしい、量感あふれる豊かな低域、濃厚な中域、金属エンクロージャー的響きを一切感じさせない艶っぽい高域、そして金属エンクロージャーを想像できない温かさは得れないと思っていましたが、

今の自分ならプリアンプを使わなくても、WADIA581とレッドローズMODEL150のモデファイで宇都宮時代の自分の音を軽く超える事が出来てしまう。

技術者としてこれ以上の喜びはない。

経営者としては決してほめられたことではないでしょうが、同じ予算でも数ランク上の音を提案できる強みと言えるかもしれません。

ですから技術者としては間違いなく大成功と言えます。


こんな感じです。

でこの結果から自分は何を学びこれからどのように前に進んでいくか。

そうですね、座間DOLPHINは完全にエンジニア視点で動いています。

メーカーに徹するという意味じゃありませんよ。

オーディオショップもエンジニア視点のかゆい所に手が届く気の利いたオーディオショップにしていくという意味です。

新規で店に足を運んでいただくお客様を増やすのは店の規模や歴史から考えて無理でしょう(それを望むなら頭を下げて宇都宮に戻るしかありません)。

どちらかというなら販売を通し「DOLPHINすげ〜な」という方々が足を運んでいただけるような店だと思います。

当分はエンジニアとしての技術を磨き、エンドユーザーがその利益を共有できる店にしていければと考えております。

エンジニアとしての能力を買われ、昔では考えられないほど多くのメーカーにパーツをOEM供給して行くようになりました。

SHELTER、カジハララボ、誰でもが知る長い歴史をもつS社・・・

S社にいたっては「これからはすべてのパーツのメッキは奈良岡さんところでお願いします。」といただいております(今年のS社は凄いですよ!)。

こんな自分でも必要としてくれるお客様やメーカーがいる。

それを支えるのは今の自分が持つ技術力。

それから考えるなら私の座間DOLPHINでの再出発は大成功と言えるとおもいます。


7月27日から13年目に突入しますDOLPHIN

今後ともよろしくお願いします。






naraoka
 実は奈良岡、先週の土曜日から寝込んでいます。

土曜日から40度近くの熱が月曜日まで出て、火曜日から扁桃腺にまで口内炎が出て、歯茎も腫れ息を吸っても、水を飲んでも、ただ寝てても苦しくて仕方がない。

痛み止めを飲んでもです。

そしてこれとまるっきり同じ症状が愛息玲にもでていまして、我が家の空気は澱んでいます。

強制休養を病院の先生に言い渡された玲はちょっと早めのダークな夏休みに突入です。

大小二人の男が苦しんでる状況。

妻は少しでも楽になってもらおうとあれこれ考え尽くしてくれます。

そんな中昨晩妻がある暴挙に走ってしまうのでした。

エアコンの中を見、シロッコファンにカビが付着してる事を発見した妻は、エアコンの型番を調べ、そしてネットを駆使し、リビングのエアコンをものの見事に完全分解し徹夜で完全洗浄してしまったのです(フィンらパーツを取り外し風呂場で完全洗浄)。

徹夜明けの妻は今度は私と玲が起きたのを見計らって寝室に突入。

今度は1時間半ほどで寝室のエアコンを完全洗浄し

「パパ、玲、空気綺麗になったから寝室でゆっくり寝てね。」

これやられちゃったら

「どこまでも付いていきます。」

と私が妻に言わないといけません。
naraoka
我が家の夏の風物詩

それはスイカジュース

当然手搾りだから酸化しづらく風味豊か

1800円のスイカで4L取れました。

450円/Lで夏最強のジュースが飲めるのです。

これ以上のコストパフォーマンスはないでしょう。

 
naraoka
 
エビス「夏のコク」ギフト限定

飲んでしまいました。

自分用に自分で送ろうかと思っていたのですが、行きつけの酒屋に行くと冷蔵庫の中にあるので

「あっ、ある」と言いますと。

「ギフト限定だけど中開けちゃったよ。」と

出てた3本をすべて購入し、さっそく1本飲みました。

7%のアルコールと言う事でかなり身構えました。

たとえば自分が好きなギネスも7%のものはちょっと薫が超特急できつくて飲めません。

「なんで作っちゃうかな〜、ギネスもそうだし海外の高アルコールのものはきつくて飲めたためしがない。そんなエビスなんて飲みたくない」と思っていたのですが(じゃあ買うなよと言うわけですが)。

そんな事はありません。

普通に美味しく飲めます。

薫的にはヨナヨナエール(http://yonasato.com/ec/product/)でしょうか。

このビール特有のスパイス感を抑え、その中で味と薫りを濃厚にした感じです。

この手のコクのあるビール特有の甘ったるさがありませんから過剰に重く感じることもありません。

汗をギンギンに流し喉をカラカラにして飲むビールではなく、ビールの味をじっくりと味わいつまみなしで飲むビールかもしれません。

強いてこのビールに合うつまみを言うなら、キュウリ、ナスなどの浅漬けでしょうか。

それらをつまみに夜ではなく昼に楽しみたいビールです。
naraoka
 本日手をみると、真っ白でパッサパサ

まるで手が粉をふいたように

手の表面が炊きたてのご飯のノリが白くかたまったように

なっている。

そしてそれがボロボロと取ると綺麗な皮膚の表面が見えるのだが、

痛い


何故かと思い振り返ると

昨日、パーツの油汚れを取るため、市販の台所用中性洗剤を歯ブラシに原液のままつけ洗う事30分

妙に手がモッチモチしていた。

あのときすでに手の表面の角質が溶け、私の手表面は昨日の晩御飯の豚の角煮の豚の脂のようにトロトロに柔らかくなっていたのでしょう。

それが一晩で炊き立てご飯のノリが固まった状態に。


手が綺麗だけど

痛い。

市販の台所洗剤、原液のまま手に触れ続けていくと実に危険です。

手が溶けます。
naraoka
私は高校生のころから漫画「美味しんぼ」の愛読者です。

すべての部分において共感できるわけではないですが、かなりの部分で共感できるので読み続けています。

この漫画が最近巷をにぎわせてるようです。

一部の方々からものすごく叩かれていますよね。

著名人の方々でも彼を叩く方々は、「昔はグルメ漫画だったのに、今は漫画の方向性が変わってしまった。」なんて攻撃されたりして。

私はここでは政治的な事や宗教的な事は一切書かないと決めてるので、その中で私が思う事を書きますと。

なんで今になって叩くの?

本当にあなたは美味しんぼの読者だったの?

です。

だって、昔から漫画の性質は一切変わっていないからです。

食品名を具体的に挙げ(たとえばユウヒビールのスーパードライ)批判したり、辛子めんたいに対しては「日本で最も恥ずべき食べ物」と批判したり

綺麗な水、空気、大地を破壊する政府の公共事業らを批判したり・・・

この漫画自体が「グルメ漫画」といわれる事を嫌い、まっとうな食・食材を得るために、業界や政治に対し鋭く切り込んでいたのは今も昔も変わらないのですね。

一貫性のある漫画だからこそ、多くの読者を長年にわたってひきつけてると思うのです。

だからこそ、昔から変わらない漫画を「なんで今になって叩くの?」

と思うし、

もともとグルメ漫画だったわけじゃないのに、「昔はグルメ漫画だったのに〜」という人には「本当にあなたは美味しんぼの読者だったの?」

と思うわけです。

確実に言えるのは、一部国民の極端な右翼化傾向と、名前を晒さなくても好き勝手書けるインターネットの普及なのでしょう。

たとえばヤフコメなんて、「日本で一番普及してる検索サイトのコメントの上位にこんなコメントがあるなんて日本人として恥ずかしい。」というものがたくさんあったりします。

上に書いたように、私はここでは政治的宗教的事は書きませんので、この漫画に対する評価はこうあるべきと一つの結論に収束させるようなことはしませんが、

何十年も前から一貫性を持ったアプローチで書かれてる漫画に対し、今になって急に大きな批判があがる事に違和感を感じるのです(昔からあったら別ですが)。

ここ数年、日本って変わっちゃったな〜と思うという結論だけ出して、ここでは終わりたいと思います。
 
naraoka

 私が好きなホフブロイハウスで飲むヴァイエンステファン ヘフヴァイスは除いて

私が今一番美味しいと思う樽生ビールを飲ませるのは小田急相模原駅近くの焼鳥屋さん「鶏均」です。

グラスの洗い方、ビールのつぎ方、そして定期的清掃が完璧なんでしょう。

人間歳をとるとコクのあるビールが重く感じすぎるときがあります。

体調が良くない時はエビスの様などっしりとした重厚感のあるビールは遠慮したくなる時もあります。

喉が乾きすぎたときは、まずはハイボールやチューハイですっきりさせてから生ビールを飲んだりします。

が、「鶏均」の樽生エビスだけは違う。

麦のどっしりとした苦みをベースにし、穀物特有の雑味、甘ったるさは一切感じさせず、ガラスの透明感、彫刻的彫の深さをホップがハーモニーとして感じさせてくれる。

どんなに喉が渇いてもごくごく飲める、

まるで20代のように。

正直数年前までは美味いけど、そこまでは感じなかった。

ここの店主、間違いなく進化しています。

 
naraoka
 私が普段飲むジュースは
みかんジュースは生活クラブのみかんジュース
ぶどうジュースはアルプス社
リンゴジュースはいろいろ
そしてオレンジとグレープフルーツはトロピカーナのストレート果汁だったりします。
そもそも香料の入った果汁100%は飲みません。
100%果汁と認めていません。
そのようなわけでトロピカーナはストレート果汁なわけですが(濃縮還元を否定してるわけではありません)。
そんな中ふと思ったのです。
自分は輸入品の柑橘類は食べない。
その理由は収穫後の防かび剤等は発がん性があり危険だからです。
もしかしたらトロピカーナのジュースはそのような果物を使ってるのではないか?

そう思うと夜も眠れずキリンビバレッジにメールをしてしまいました。

「トロピカーナのストレート果汁に関しまして質問させてください。
我が家では食の安全にこだわり、輸入物の柑橘類は食べません。
それは収穫後の防かび剤等が塗られてるのが理由です。
日本で売られていますトロピカーナのストレート果汁はどちらで作られていますでしょうか?
また使われるオレンジやグレープフルーツは防かび剤らが使われてるものでしょうか。
お教えください。」

それに対し返ってきた答えをかんたんに言うと(転載不可という事でかいつまんで)

「アメリカまたはブラジルで収穫後すぐに搾汁し冷凍して輸入するから防かび剤らは使わない。だから大丈夫だよ。」

というものでした。
国内の農薬基準は前のブログでも書きました通り、実はアメリカよりも断然にゆるゆるで
国産=安全と言えない現状を踏まえるなら、一般の国産果汁ジュースを飲むよりは安全でしょう。
理想は有機JAS認定ですが、それを除くなら大丈夫なのではないでしょうか。
参考にされてください。
naraoka
 食の安全にこだわる自分でありますが、改めて兜の緒を締めようと思いました。

娘の好きなイチゴの残留農薬基準ですが、

アメリカ:日本:EU=0.6:3:0.01

だそうです。

日本の食べ物が安全というのは嘘っぱち。

少なくともアベレージ的に考えれば

日本の食べ物=綺麗=農薬たっぷり

という事だけなようです。

まさかEUの300倍の残留農薬だとは。

ますますスーパーでは買えません。
naraoka
薫り華やぐエビス

期間限定で出ましたよね。

http://www.sapporobeer.jp/product/yebisu/kaorihanayagu/

何本か買いましたが、今回は以前の感動はありませんでした。

あれほど薫が華やいで感じていたビールが今はそれほど感じない。

なんでかな〜と思っていたら、最近は

ヴァイエンステファン ヘフヴァイス

http://www.nipponbeer.jp/lineup/iview.php?pvw=dt&pid=1

これだけだからでした。

オーディオも味覚も同じです。

いったん上を経験するとなかなか下には戻れません。

エンゲル係数の高い私は1日1本までと決め、噛みしめるように味わっています。

噛みしめすぎて歯茎から血が出そうです。







 
naraoka
<< | 2/15 | >>